/

この記事は会員限定です

常陽銀行・笹島頭取「新型コロナで銀行の姿も変化」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が地域経済を下押ししている。広がる危機に地方銀行はどう対応するのか。常陽銀行の笹島律夫頭取は日本経済新聞社に対し「時間がたつに従って深刻度が高まっている」と過去の危機との違いを指摘。銀行経営を含め「いろいろなことが変わるきっかけになる」とし、インターネットバンキングや在宅勤務を推進する考えも示した。

――地元企業にどんな影響が出ていますか。

「中国で取引がある企業で影響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1383文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン