七十七銀行・小林頭取「コロナ収束後へできる限り支援」
コロナ危機 トップらに聞く

2020/4/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は企業の資金繰り不安を加速させている。国は政府系金融機関だけでなく民間の金融機関による無利子無担保の融資や、事業者への給付金など対策を進める。七十七銀行の小林英文頭取は「収束後の企業再生も含め、できる限りの支援をする」と訴える。

――現状をどう評価していますか。

「世界中がウイルスと戦っている。まるで戦争の様な状態だ。顧客からの相談の約8割は資金繰りに関するものが占め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]