家族が感染したら 自宅療養、動画で解説

2020/4/19 8:00
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、医療崩壊を防ぐために無症状や軽症の感染者の自宅療養が始まった。家族に感染者が出たり、感染が疑われたりする場合に気をつけることは何か。日本環境感染学会の吉田正樹理事長は「汚染された領域とそうでない領域をしっかり分けることが大事。ただ必ず感染が防げるわけではない。同居人に症状が出たときには自分も感染している可能性がある」と注意を促す。同学会が示す「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項」を基に自宅療養の注意点を動画でまとめた。8つのポイントで解説する。(写真映像部 淡嶋健人)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]