アマゾン、物流施設で入荷制限 生活必需品など優先

2020/4/17 17:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アマゾンジャパン(東京・目黒)が国内の物流施設で商品の入荷制限を始めたことが17日、明らかになった。生活必需品や衛生用品を優先的に入荷する一方、対象外の商品は納品を制限する。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言の対象は全国に広がった。生活物資の需要が急増する恐れもあり、社会インフラとしての機能を重視したとみられる。

米アマゾン・ドット・コムは、コロナ感染拡大の影響で物流が逼迫し、3月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]