/

関電社外取締役に橋下氏を推薦 大阪市長、金品問題で

関西電力の役員らによる金品受領問題を巡り、筆頭株主である大阪市の松井一郎市長は17日、関電の社外取締役として、前大阪維新の会代表で元大阪市長の橋下徹氏を推薦したことを明らかにした。大阪市役所で記者団の取材に応じた。関電側は社外取締役を中心とした人事・報酬等諮問委員会で審議したうえで、取締役会が推薦を受け入れ、株主総会に諮るかどうかを決める見通し。関電が応じなければ、市が株主代表訴訟に踏み切る可能性がある。

松井氏によると、橋下氏から了承を得た。17日に関電に推薦を申し入れした。市は、原発がある福井県高浜町の元助役(死去)からの金品受領や、東日本大震災後に減額していた役員報酬の一部を退任後に補填していた問題など、長年の隠蔽体質を監視する必要性があると判断した。

橋下氏を推薦した理由について「関電のこれまでの体質をよくご存じで、コンプライアンスに詳しい人。関電の改善計画を絵に描いた餅にすることなく、チェックしてくれると思う」と話した。

松井氏は1日、関電の森本孝社長と面会。松井氏は同社の業務改善計画の報告を受けた後、社外取締役を推薦することを要望し、森本社長は「検討する」と述べるにとどめていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン