/

韓国のeスポーツ企業「T1」、BMWとスポンサー契約

【ソウル=細川幸太郎】韓国通信大手SKテレコムの子会社でeスポーツ事業を手掛ける「T1」が、独BMWとスポンサー契約を結んだ。eスポーツの大会で企業広告を表示するなど共同で企業ブランディングを展開する。先進的な広告を展開しマーケティング巧者とされるBMWと手を組むことでeスポーツの広告価値を高める狙い。

競技人口が1億人ともされるeスポーツは企業マーケティングの場としても注目されている=SKテレコム提供

T1はSKテレコムと米メディア大手のコムキャストの合弁会社だ。eスポーツ大会の企画運営を手掛け、世界的なプロゲーマーが多数所属する。eスポーツは韓国だけでなく欧米や中国でもサッカーや野球などとともに若年層中心に人気が出ている。BMWは特に若い人への訴求を意識してスポンサー契約を結んだ。

eスポーツは世界で1億人の競技人口がいるとされる。各地の大会はネット中継や動画共有サイトなどで多数の視聴者が熱狂する有力コンテンツだ。韓国ではケーブルテレビに専門チャンネルが設けられるほど浸透している。SKテレコムは動画コンテンツとしての魅力を高めて広告収入の獲得とともにeスポーツの市場規模全体の拡大につなげる。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン