介護費用は最低500万円 公的保険だけでは足りない
人生100年お金の知恵(2)

2020/4/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ふるさとに一人で住む80代の母親が倒れ、介護が必要になった。都内に住むAさん(57)は母親を呼び寄せて自宅近くの介護施設に入れ、兄と毎月3万円ずつ費用を負担することにした。母親の年金だけでは賄えないからだ。しかしその後、Aさん自身の収入が減って援助が困難に。とはいえ兄も自分も自宅で母親を介護するのは難しい――。

【連載・人生100年お金の知恵】
・人生100年時代 「三位一体」の総力戦で安心老後(1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]