/

この記事は会員限定です

3月米住宅着工、36年ぶり大幅減 景気回復の重荷に

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米国の住宅市場が急速に冷え込んでいる。米商務省が16日発表した3月の住宅着工件数はは前月比22%減の121万6千戸で、減少率は36年ぶりの大きさだった。足元の住宅ローン申請は前年に比べ3割以上減少した。住宅市場は家具や身の回り品など波及効果が大きいため、消費を中長期にわたって下押しする可能性がある。

「建設の中止が増えてきた」。米中部の建設業者は指摘する。3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1127文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン