/

布マスクの全戸配達開始 5千万世帯、東京から

(更新)

日本郵便は17日、新型コロナウイルス感染防止対策として政府が全世帯への配布を目指す布マスクの配達を東京都内で始めた。感染者の多い都市部から優先的に配布し全国へ順次広げる。5月中に約5千万世帯へ2枚ずつ配り終える計画で、マスクが店頭で品薄となっていることに対応する。

17日は東京都内でも感染者数が多いとされる世田谷区と港区の郵便局7局で配達を実施。16日に12万枚が搬入された世田谷郵便局では、17日午前10時ごろ配達員7人が布マスクを荷台の箱に積み込んだ郵便バイクで出発した。

マスクは新型コロナ感染拡大に伴い需要が増えている。政府は再利用可能な布マスクの配布を、7日に決定した緊急経済対策に盛り込んだ。

布マスクは不織布のものより繊維の隙間が大きくウイルスが素通りしてしまい、フィルターとしての効果は薄いとの専門家の指摘もある。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン