海の博物館 生物と人の未来問う
海と水辺の散歩

2020/4/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京海洋大品川キャンパス(東京・港)には「マリンサイエンスミュージアム」がある。前身の農商務省水産講習所標本室、東京水産大付属水産博物館の流れを継ぐ「海の博物館」だ。

1階ホールのスクリーンには地球規模で海流が季節変化する様子が投映され、甲羅の幅28センチのタカアシガニの剥製が迎えてくれる。

2階は展示室。「海を知る」「海の構成員(生物)」「海の利用(漁業・養殖)」「海を食べる(食品生産)」の4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]