/

この記事は会員限定です

家用テントやたこ焼き器 関西企業、巣ごもり消費へ対応

手作りマスクでミシン受注3倍

[有料会員限定]

緊急事態宣言を受け外出自粛が一段と広がる中、企業が「巣ごもり」需要への対応を急いでいる。岩谷産業はたこ焼きや焼き肉の専用器の販促を強化し、アウトドア用品メーカーは「家キャンプ」を提案する。家庭用ミシンの受注は想定の3倍だ。新型コロナウイルスの感染拡大で営業自体が危機にひんする例もあるが、顧客のつなぎ留めや売り上げ確保で難局を乗り切る。

「これなら屋内でも子どもに楽しんでもらえる」。大阪市の会社員(50)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン