/

新型コロナ、武漢の研究所起源か「調査」 米大統領

トランプ米大統領は15日、新型コロナウイルスの発生源が中国湖北省・武漢市の研究所だった可能性を調査していると一部メディアが報じたことについて「米政府は調査している」と明らかにした。中国政府は武漢の研究所が発生源だとする見方を否定している。

新型コロナウイルスの発生源とされていた武漢市内の海鮮市場=新華社・共同

米CNNは複数の米政府関係者の話として、米当局は武漢ウイルス学研究所から誤ってウイルスが流出したとの仮説を立てて調査していると報じた。中国政府による生物兵器である可能性は否定したという。米紙ワシントン・ポストは、研究所の安全管理に不備がありウイルスが流出したとする関係者の見方を伝えていた。

米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は14日、記者団の質問に「現時点で(研究所が発生源であるという)決定的な証拠があるわけではない」と述べた。トランプ氏は国内の新型コロナ対応に追われており、仮説は同氏への批判をかわす目的との見方もある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン