街の飲食店、持ち帰り・宅配に活路 自治体なども支援

2020/4/16 18:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、持ち帰りや宅配を始める飲食店が東京都内で増えている。外出自粛で外食が控えられる一方、中食需要は活発になっており、売り上げ確保を図る。ただ多くは以前の売り上げを下回るなど苦しい状況が続く。飲食店を下支えしようと情報発信で支援する動きも自治体などで広がっている。

学芸大学駅近くの人気バル「リ・カーリカ」など3店を運営するタバッキ(東京・目黒)は10種類の料理を盛り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]