/

この記事は会員限定です

巨大与党、文政権に求心力 日韓は改善遠く

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】15日投開票の韓国総選挙で、革新系与党は定数の6割を占める180議席を獲得して圧勝した。巨大与党の誕生は、任期満了まで2年を残す文在寅(ムン・ジェイン)大統領の求心力を支える。文氏は悲願の検察改革や南北融和に注力するほか、次期大統領選の候補者選びへの影響力を強めそうだ。悪化が続く日韓関係は当面、改善は見込めないとの指摘が出ている。

与党の「共に民主党」は、国会議長に加え経済や外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン