/

積水化学、INCJと合弁 ごみからエタノールを生産

積水化学工業は16日、経済産業省が所管する官民ファンドのINCJと、合弁会社を設立したと発表した。合弁会社は2021年度末にごみからエタノールを作る技術の実証プラントを稼働させる。ごみを提供する自治体やエタノールを活用する企業の募集も強化する。25年度の事業化を目指す。

合弁会社の名前は「積水バイオリファイナリー」。積水化学が66%、INCJが34%出資する。資本金は77億4千万円。積水化学出身の両祖徹氏が社長に就任した。積水化学は可燃ごみをガスにして微生物で分解し、エタノールを生産する技術を17年に確立している。

岩手県久慈市に90億~100億円を投資し、実証プラントを建設する。1日あたり約20トンのごみを既存のごみ処理場から譲り受けて原料にする。生産能力は埼玉県寄居町で稼働させる既存のパイロットプラントの約100倍になる。生産したエタノールは企業などに提供して製品開発に役立てる計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン