積水化学、INCJと合弁 ごみからエタノールを生産

2020/4/16 16:48
保存
共有
印刷
その他

積水化学工業は16日、経済産業省が所管する官民ファンドのINCJと、合弁会社を設立したと発表した。合弁会社は2021年度末にごみからエタノールを作る技術の実証プラントを稼働させる。ごみを提供する自治体やエタノールを活用する企業の募集も強化する。25年度の事業化を目指す。

合弁会社の名前は「積水バイオリファイナリー」。積水化学が66%、INCJが34%出資する。資本金は77億4千万円。積水化学出身…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]