/

亀田製菓、新型コロナ解析のプロジェクトに参加 サーバー提供

亀田製菓は16日、新型コロナウイルスの解析プロジェクトに参加したと発表した。同社が保有するウェブサービス用のサーバーの一部について、米スタンフォード大学などが進めるプロジェクトへの提供を始めた。新型コロナの解析や治療薬の開発に向けたデータの計算などに活用してもらう。

たんぱく質の構造を世界中の有志のコンピューターで解析する「Folding@home」に参加した。同プロジェクトは個人や企業が持つコンピューターを集めて演算能力を上げ、膨大なデータの計算に活用する。現在は新型コロナの解析に取り組んでいる。

全世界で約25万の企業や個人が加わっているといい、日本企業でもKDDIなどが参加を表明している。「新型コロナの解析に少しでも貢献したいと思い参加を決めた」としており、今回の提供による同社の通常のウェブサービスへの影響はないという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン