亀田製菓、新型コロナ解析のプロジェクトに参加 サーバー提供

2020/4/16 16:31
保存
共有
印刷
その他

亀田製菓は16日、新型コロナウイルスの解析プロジェクトに参加したと発表した。同社が保有するウェブサービス用のサーバーの一部について、米スタンフォード大学などが進めるプロジェクトへの提供を始めた。新型コロナの解析や治療薬の開発に向けたデータの計算などに活用してもらう。

たんぱく質の構造を世界中の有志のコンピューターで解析する「Folding@home」に参加した。同プロジェクトは個人や企業が持つコンピューターを集めて演算能力を上げ、膨大なデータの計算に活用する。現在は新型コロナの解析に取り組んでいる。

全世界で約25万の企業や個人が加わっているといい、日本企業でもKDDIなどが参加を表明している。「新型コロナの解析に少しでも貢献したいと思い参加を決めた」としており、今回の提供による同社の通常のウェブサービスへの影響はないという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]