/

この記事は会員限定です

カリスマ農家、コロナ禍で見た販路の「明と暗」

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる混乱で、農家はどんな影響を受けているのだろうか。その手がかりをつかむため、茨城県土浦市で有機栽培を営む久松達央氏に取材した。久松氏の答えは次の2つの言葉に集約できる。

「飲食店からの注文は3月末にほとんどなくなった。農園にとって痛手だが、飲食店の窮状を思うと、その方が心が痛む」

「個人向けの注文は伸びている。4月に入ってからは2割増しになっている」

久松氏は帝人を1998年に退...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1475文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン