鈴与商事、EV活用し電力供給 都内ベンチャーと提携

2020/4/16 15:24
保存
共有
印刷
その他

鈴与商事(静岡市)は15日、エネルギー関連ベンチャーのREXEV(東京・千代田)と業務提携し、電気自動車(EV)を用いた電力供給システム事業に参入すると発表した。EVの蓄電池を使って電力の需給調整や非常時に防災用電力を供給する仕組みを構築する。全国の自治体を中心にシステムを提供する。

両社は4月1日付で業務提携契約を締結した。鈴与商事は余剰電力を定置式の蓄電池に充電し、公立の小中学校に提供する事業を手がけている。REXEVは複数のEVを組み合わせ、ビルなどの施設に電力を供給する事業を展開している。両社の技術を組み合わせ、平常時はEVを公共施設などの電力需給調整に活用し、災害などで停電した時は非常電源として利用できるようにする。

太陽光などで発電した電気をEVに蓄積し、避難所などに運ぶことも可能にする。停電時は太陽光発電設備は停止するが、EVを用いて設備を再起動することもできるという。再生可能エネルギーの活用や防災力の向上を目指す自治体などからの引き合いを見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]