北海道観光「天から地へ」の急降下、19年度訪日客2割減

インバウンド
2020/4/16 16:30 (2020/4/16 16:35更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本旅館協会北海道支部連合会がまとめた2019年度の主要観光地の宿泊実績によると、訪日外国人(インバウンド)の延べ宿泊者数は前年度比約2割減った。10連休で好スタートを切ったが、2月以降は新型コロナウイルスの感染拡大で試練が続く。旅行や出張の自粛傾向は強まっており、夏の観光シーズンまでに逆風が収まる気配も見えなくなってきた。

同会の調査には年度平均で北海道内の約107施設が回答していた。宿泊施設…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]