/

この記事は会員限定です

新旧車両が走る富山市の路面電車 南北接続が実現

映える!

[有料会員限定]

流線形の新型車両や50年以上前につくられたレトロ車両。富山市では新旧様々な路面電車が走っている。3月にはJR富山駅の北側と南側の路線の直通運転が始まり、新幹線駅の下を路面電車が通る全国でも珍しい景色が加わった。

市内には大きく分けて5種類の路面電車が走っている。最も古い車両が1957~65年につくられた「デ7000形」。角張った車体の正面に前照灯が1つ付いている。93年製造の「デ8000形」は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン