/

この記事は会員限定です

売り上げ確保へ奔走 首都圏の中小 「3密」回避工夫

コロナ危機 地域揺らぐ 中小企業の苦闘(下)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言を受け、首都圏の中小企業や個人事業主が対策を急いでいる。打撃の大きい飲食店では弁当などのテークアウト商品を取り扱い、顧客とSNS(交流サイト)で購入を促す動きが広がる。テレワークが難しい製造業は従業員が極力接触し合わないよう工夫を凝らす。

東京都多摩地域の飲食店では弁当などのテークアウト商品の写真をSNSでPRし、顧客にもタグ付けをして拡散してもらう取り組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン