/

この記事は会員限定です

韓国、コロナ隔離者に監視腕輪 「人権侵害」の声

ソウル支局長 鈴木壮太郎

(更新) [有料会員限定]

韓国政府は新型コロナウイルスの感染が疑われる自宅隔離の違反者に監視腕輪を装着することを決めた。性犯罪者に着ける足輪を連想させる措置に、法曹界からは人権侵害を憂慮する声が上がっている。

「慎重な議論の末、違反者に限って電子腕輪を着用することにした」。11日、丁世均(チョン・セギュン)首相は表明した。

保健福祉省によると、腕輪はブルートゥースでスマートフォンとつながり、スマホから一定距離を離れたり、バ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1619文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン