トランプ氏「新規感染ピーク過ぎた」16日に経済再開指針

2020/4/16 7:42 (2020/4/16 11:30更新)
保存
共有
印刷
その他

トランプ氏は15日、ホワイトハウスで開いた会見で経済再開に意欲を示した=AP

トランプ氏は15日、ホワイトハウスで開いた会見で経済再開に意欲を示した=AP

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は15日の記者会見で、「新型コロナウイルスの新規感染者はピークを過ぎた」と述べた。経済再開を始める時期が来たと主張し、再開に向けた新たな指針を16日に発表すると明らかにした。各州に対して、外出制限の緩和を始める時期や方法を盛り込んだ工程表を示す。

米疾病対策センター(CDC)が示す新指針は、感染者が少ない地域から学校や飲食店などの再開を段階的に認める見通しだ。トランプ氏は「いくつかの州は5月1日より前に再開することになる」と述べ、月内にも一部地域で経済活動が再開するとの見方を示した。

米政権は3月16日に全国民向けに外出の自粛などを呼びかけた行動指針を設けた。各州も外出禁止令などを出し、全米で経済活動は大幅に滞っている。失業者が急増しているなか、トランプ氏は米経済を早期に立て直したい考えだ。

ただ十分な検査体制が整わないまま行動制限を緩めれば、感染が再拡大する恐れがある。米メディアによると、小売りや外食、スポーツなど企業経営者らは15日のトランプ氏との電話会議で、検査能力を大幅に増やすよう求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]