エプソン 打倒レーザープリンター 局地戦で挑む

2020/4/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セイコーエプソンがオフィス向けプリンターの牙城切り崩しに挑む。オフィス向けはレーザープリンターが君臨するが、強みのインクジェットで攻める。教育や病院などの局地戦で陣地を広げる一方、独自技術の塊であるプリンターヘッドを外部に販売し、「インクジェット陣営」も広げる。キヤノンやリコーなど地力に勝る競合にどう対抗するか。戦略を追った。

「印刷に関するストレスはほぼ無くなりました」。埼玉県の戸田市立戸田第二…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]