/

内閣府職員にまた感染者

内閣府は15日、30代の女性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。職員は沖縄振興局に所属し、東京都千代田区の中央合同庁舎に勤めている。5日に発熱し、欠勤していた。14日にPCR検査を受け、15日に陽性と判明した。現在は自宅で療養している。内閣府によると、職場に濃厚接触者はいない。

内閣府では同じ建物に勤める武田良太防災相の秘書室職員の感染も7日に確認されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン