/

今夏のラグビー代表戦 専務理事「開催簡単ではない」

日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事は15日、新型コロナウイルスの感染拡大で6~7月の日本代表戦の開催が困難になっていると明らかにした。岩渕専務理事は協会の理事会後にインターネットを通じて記者会見を開き、「テストマッチは簡単にできないというのが(世界のラグビー関係者の)一致した方向性」と話した。

インターネットで記者会見した日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事

日本代表は夏にウェールズ代表と1試合、イングランド代表と2試合を国内で予定している。岩渕専務理事は「まだできないとは決まっていないが、何としても開催するということでなく、まずは健康と安全を考えないといけない」と説明した。

一部の国のラグビー協会だけが財政的な打撃を受けぬよう、今年の代表戦の開催可否は国際統括団体ワールドラグビーが調整する方向。岩渕専務理事は「この国だけは試合をして他の国はやらないとならないよう、ワールドラグビーがリードして全員が歩調を合わせようとしている」と話す。

日本代表戦が中止になった場合、「非常に厳しい(協会の)減収を想定している」と岩渕専務理事。対策として、常勤の理事4人の給与を最低半年間、25%削減すると明らかにした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン