「資金繰り破綻させず」大分銀行頭取 ファンド拡大も
コロナ危機 地方揺らぐ

2020/4/16 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大分銀行の後藤富一郎頭取は日本経済新聞の取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が「大分県内の全産業に波及している」との認識を示した。「取引先を中心とする地元企業は原則、資金繰りによる破綻をさせない」と強調した一方、「どのようなあり方が企業の価値向上につながるのかを、危機への応急措置をしながら各社と突っ込んで考える機会になる」とも話した。主なやりとりは次の通り。

――新型コロナ拡大で、地域…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]