穴吹興産、AI活用進める 分譲マンション、販売価格や仕入れ価格を査定

2020/4/15 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新築マンションの分譲事業で、穴吹興産が人工知能(AI)の導入を4月下旬から進める。過去の取引事例を分析し、最適なマンションの販売価格や事業用地の取得価格などをAIが判断する。賃貸物件の賃料や中古物件の価格を査定する事例は増えているが、供給戸数が限られる新築マンションの分譲事業での事例は珍しいという。

穴吹興産は、デジタル技術を推進する社内組織「DX推進室」を2019年5月に立ち上げた。19年10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]