/

この記事は会員限定です

G20、年内の債務返済猶予 途上国発の危機回避狙う

[有料会員限定]

20カ国・地域(G20)は15日、財務相・中央銀行総裁会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する行動計画をまとめた。発展途上国が感染拡大を防ぐ対策を打てるよう、対外債務の返済猶予などを盛り込んだ。少なくとも2020年末まで債務を猶予する。途上国が債務危機に陥り、世界経済に混乱を広げるのを防ぐ。

テレビ電話で途上国の債務問題を主な議題として話し合った。会議後に出した声明では「最貧国のための債...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン