ビデオ会議「Zoom」は本当に危ない? 3つの問題

2020/4/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス対策のテレワーク急増により、米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが提供するビデオ会議サービス「Zoom」の人気が高まっている。2019年12月は多くても1日当たりの利用者が1000万人だったが、20年3月には2億人以上に増加したという。

利用者の急増に伴ってセキュリティーの研究者などがZoomを精査するようになり、問題が次々と報告されている。そういった報告に関する記事を読んで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]