神奈川県職員のテレワーク、24%どまり

2020/4/15 17:40
保存
共有
印刷
その他

神奈川県の職員のうちテレワークを実施している割合が24%(10日時点)にとどまっていることが15日、分かった。県は2月に最大5割をテレワークとする目標を掲げ、3月には原則として全員がテレワークする方針を示している。

黒岩祐治知事は15日の定例記者会見で「もっと徹底するよう(職員に)メッセージを出した」と述べた。「交代制勤務などを含めて前例にとらわれない機動的な対応も指示している」としている。

3月末時点のテレワークの実施割合は13%だった。県人事課によると、非常勤を含む知事部局の職員数は約9000人。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]