/

この記事は会員限定です

昆虫食が世界を守る 高たんぱく、低環境負荷

食を拓く(3)

(更新) [有料会員限定]

世界の食糧危機と環境問題の解決に役立つ食資源の1つが、昆虫だ。ウシやブタより少ない餌で育ち、たんぱく質などの栄養源は豊富だ。メタンなど温暖化ガスの排出量も抑えられる。ビジネスチャンスを見込んだ企業の参入が相次ぐ。

投資家に売り込む

「食べてみてください。コオロギはとてもおいしいんです」。2月21日、大阪市のホテルで開かれた昆虫食の試食会。徳島大学発スタートアップ企業「グリラス」の最高経営責任者(CEO)の渡辺崇人(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2630文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食を拓く

「おいしいものをもっと食べたい」。最先端のテクノロジーが人間の飽くなき欲求にこたえるべく革新を続けている。世界の人口増が続くなか、環境にやさしい持続可能な食料生産を目指す動きもある。次世代の食を切り拓(ひら)く先駆者たちを追う。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン