/

この記事は会員限定です

テレワーク、後戻りなし 日本的職場を変える契機に

鶴光太郎・慶大大学院教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で、多くの会社員が切羽詰まった気持ちで在宅勤務を始めている。規制改革会議の元作業部会座長としてテレワークを推進してきた鶴光太郎・慶応大学大学院教授にテレワークの今後を聞いた。

生産性・効率性アップを実感

――在宅勤務の急増は職場にどう影響するか。

「テレワーク普及のビッグプッシュとなるだろう。時間と場所を共有し、あうんの呼吸によるコミュニケーションで成り立ってきた日本的な職...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン