中国、雇用・賃金の調整強まる

2020/4/15 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥、広州=川上尚志】中国で雇用、賃金の調整圧力が強まっている。欧米で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、外需が弱含んでいるためだ。中堅自動車メーカーの江鈴控股など従業員の賃金カットや人員削減が相次いでいる。都市部の失業率は2月に6.2%に上昇した。工場労働者を募集する求人イベントでは出展社数が半減する例もあり、雇用問題が中国経済を下押ししている。

「毎日求人イベントに顔を出しているが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]