スズキ、国内2工場を7日間停止へ 20日から

2020/4/15 16:30
保存
共有
印刷
その他

スズキは15日、国内の四輪車工場の2カ所を20日から7日間停止すると発表した。停止するのは軽トラック「キャリイ」などをつくる磐田工場(静岡県磐田市)と、小型車「スイフト」などを製造する相良工場(同県牧之原市)。停止期間は土日を除く20日から28日まで。新型コロナウイルスの感染拡大で都市封鎖が続くインドやフィリピンから輸入する部品の供給が不安定なため、生産量を調整する。

スズキは新型コロナの影響で4月20日から静岡県内の相良工場(写真)など2工場を7日間止める

4月29日から5月1日までは一部工場の生産を調整するものの、ほぼ通常稼働できるという。5月2~10日は大型連休のため休業日となっており、同11日からは通常稼働するとしている。

スズキはインドとフィリピンからの部品調達が不安定になっているため、4月1日から3日間、主要5工場を含む国内の全工場を停止させた。また6日以降は2~4カ所の工場を断続的に1~2日間止めて対応した。生産能力は年間90万台あり、4月は半分の稼働率となるとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]