/

この記事は会員限定です

SBI、FX取引に分散型台帳活用 人的ミス防ぐ

[有料会員限定]

SBIホールディングスはこのほど、グループ内の外国為替証拠金(FX)取引にブロックチェーン(分散型台帳)技術の活用を始めた。取引履歴を業者の間で共有し、注文内容と実際の決済が同じであることを確かめる作業に使う。人的ミスを防ぐほか、コスト削減につなげる。今後はグループ外との取引でも技術の活用を広げる。

分散型台帳を使った企業向け技術を開発する米R3社の基盤「Corda(コルダ)」を国内で初めて実用化した。

証券会社や運用会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン