/

この記事は会員限定です

プロジェクト、挫折の山 国策民営無実化で細る研究

核燃サイクル政策の蹉跌 第4部(5)

[有料会員限定]

「これからは民間の創意工夫を生かした原子力イノベーションの創出が基本になる」。2019年4月に開かれた経済産業省総合資源エネルギー調査会で、今後の国の原子力研究のあり方について経産省と文部科学省の担当者が方針を示した。

両省は大学や研究機関、企業の研究を公募して支援すると打ち出した。国際協力を除き「ナショナルプロジェクト」式の研究開発を事実上放棄した。高速増殖炉原型炉「もんじゅ」など核燃料サイク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン