/

この記事は会員限定です

「なろう」が変える小説家への入り口

(更新) [有料会員限定]

「一億総小説家時代」――そういっても過言ではない状況が、いま生まれつつある。それをもたらしているのはインターネットだ。

誰でも自作の小説をネットに投稿し、公開できるサイト「小説家になろう」。現在72万作もの作品が掲載されている巨大な文芸プラットフォームだ。投稿も閲読も無料で、面白い小説はないかと毎日多くの人々がサイトを訪れ、月間のページビューは25億にものぼる。

小説家になりたい人が増えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

令和ブンガク最前線

最近、「文学」を読んでいますか? 夏目漱石や村上春樹もいいけれど、いま新しいトレンドが生まれ、若い世代の心をつかんでいます。ボーイズラブ(BL)の作家が書いた小説が有名な文学賞を受賞したり、ユーチューバーの自伝がベストセラーになったり。ネット上の「小説投稿サイト」からも新しい才能が続々と現れています。2020年の空気を映す「令和ブンガク」。躍動するその最前線をルポします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン