山手線の利用35%減 緊急事態宣言後、朝の通勤時間帯

2020/4/15 15:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東日本によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言発令後の8~10日の3日間は前週(1~3日)と比べ、山手線の朝の通勤時間帯における利用者が35%減だった。新幹線は同43%減となった。

JR渋谷駅と東京駅では、11~12日の自動改札利用実績(定期外)が前年同週末と比べて93%減だった。東京都外では、JR大宮駅(さいたま市)で同82%減、千葉駅(千葉市)は同81%のマイナスとなっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]