武蔵小杉タワマンを停電させた浸水 意外な流入経路

2020/4/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タワーマンションが林立する川崎市の武蔵小杉駅周辺を襲った、2019年10月の台風19号による内水氾濫。地下3階の電気設備などが浸水し、機能不全に陥ったパークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの住民らは、被災の原因調査と再発防止に取り組むタスクフォースを結成し、建物が機能不全に陥ったメカニズムを解明した。

原因調査に取り組んだ理由について、タスクフォースのリーダーを兼任する同マンションの理…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]