/

この記事は会員限定です

大阪のオフィス逼迫 「低い賃料」が供給抑制

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で従業員の在宅勤務に取り組む企業も増えているが、オフィスの需給は相変わらず逼迫した状況だ。空室率は東京都心も大阪市中心部も過去最低水準が続く。ただ東阪を比べると、大阪は供給量の少なさと賃料の上昇速度の緩やかさから、東京に水をあけられた面もある。2度目の万国博覧会開催を控える大阪。商都の課題を探った。

大規模プロジェクト続々、数年後にオフィス大量供給

JR大阪駅周辺を歩いてみると、大規模な再開発が相次いでいるのがわかる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン