/

富士フイルム、アビガン月30万人分 9月にかけ増産

富士フイルムホールディングスは15日、新型コロナウイルスに対する治療効果が期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」を増産すると発表した。3月上旬時点で月4万人分強だった生産量を、7月に約2.5倍の約10万人分、9月には約7倍の約30万人分に引き上げる。新型コロナの感染終息が見通せない中、生産量を増やし国内外の需要に応える。

新型コロナの感染拡大を受け、富士フイルムは3月上旬に生産を再開した。増産には原料や生産設備の確保が課題となっていた。ここにきてデンカが原料の「マロン酸ジエチル」の生産再開を予定するなど、国内外の企業との連携で、原料調達にメドがついたという。(「デンカ、アビガンの原料生産 政府要請で5月にも」参照)

子会社の富士フイルム和光純薬は約1億円を投じて生産設備を改造し、医薬品中間体の生産能力を引き上げる。これにより1カ月に約30万人分のアビガンを生産できるようになる。

今後は和光純薬の子会社の富士フイルムワコーケミカルが約10億円を投じて、原薬の生産能力を引き上げる。10月以降の稼働を目指す。さらに約10万人分のアビガンを増産できるという。

アビガンは富士フイルム子会社の富士フイルム富山化学が開発した。中国で臨床研究で新型コロナへの有効性を確認したとの発表もあり、効果が期待される。日本は3月末から臨床試験(治験)を始めている。

日本政府はアビガンの備蓄を2020年度中に現在の最大3倍にあたる200万人分に増やす方針を掲げる。海外からも提供要請が来ている。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン