宝HD、病院向けに消毒液原料 焼酎設備で量産

2020/4/15 14:08
保存
共有
印刷
その他

酒類大手の宝ホールディングスは15日、医療機関や高齢者施設向けに、手指の消毒液の原料になる高濃度エタノールを販売すると発表した。新型コロナウイルスの影響で消毒液の需給が逼迫していることに対応。焼酎の原材料を作る設備を活用する。一缶18リットル入りで、月5000本を供給する計画だ。

宝HD傘下の宝酒造が、アルコール度数95度の消毒液原料を生産し、出荷する準備を整えた。国内2工場で甲類焼酎を生産する…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]