最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,195.38 +485.38
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,090 +330

[PR]

投信コラム

フォローする

金沢発、つばささんのコツコツ投資(投信ブロガー)

2020/4/21 12:00
保存
共有
印刷
その他

ブログ「つばさのコツコツ投資日記」を運営する「つばさ」さんは建設・土木関連の仕事に携わる30代半ばの男性。金沢市のマンション(住宅ローンあり)でパートタイマーの妻、娘そして猫2匹とともに暮らしている。

毎月一定額を積み立て投資する「コツコツ投資」を続けてきたことで、一時期休職した時も生活面での不安はあまり感じなかったと話し、今は「コロナショック」が大きく響いているものの、コツコツ投資し続けるというつばささんの資産運用を聞いた。

■インデックス運用で年金不安を解消

――投資を始めたきっかけを教えてください。

「読書が趣味で本屋によく行くのですが、ちょうど年金記録問題が盛んに報じられていた時に『大人の投資入門』(北村慶著)という本を見つけ、引き込まれました。公的年金の資産運用はインデックス運用が中心になっているのと同時に、将来の年金不安を解消するには、公的年金に頼るだけではなく、個人でも株式のインデックスファンドにコツコツ投資するのが得策と教わりました」

「さっそく、2008年に初めて50万円を元手にインデックスファンドを購入しました。あいにくのリーマン・ショックで時価は半減しましたが、不思議にもほとんど『怖さ』を感じませんでした。これからは安く買えてラッキーだという気持ちの方が強かったです。当時からウオッチしていた投信ブロガーの方々が市場波乱の中でも粘り強く継続投資しているのを知り、それほど動揺せずに済みました」

「もう手放しましたが、その後に買った日本株でもうけが出ました。毎月10万円程度のコツコツ投資を続けたことで、金融資産額は生活防衛のための預金を含め2600万円程度になっています(3月末時点)。新型コロナウイルス感染拡大の影響でかなり減りましたが、コツコツ投資をやめるつもりはありません」

――どんなファンドを購入していますか。

「『大人の投資入門』を参考に、国内と海外先進国の株価指数に連動するインデックスファンドのうち、当時最も信託報酬が低かったファンドの購入から始めました」

「その後は、全世界の株式に1本で投資できる海外ETF(上場投信)の『バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)』に切り替えました。金額指定の購入ができないETFはコツコツ投資にはやや不便ですが、低コストで全世界株に1本で投資できる商品が日本でも購入できるのは魅力的でした」

「アクティブファンドへ投資したこともあります。当時はインデックスファンドとの信託報酬の差がそれほど大きくなかったためですが、今はすべて解約し保有していません」

「VTも売却しましたが、その代替として18年からは『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』に積み立て投資し、20年からは『eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)』も加えました(図A)」

■コツコツ投資で普段の生活優先

――毎月の投資額はどれくらいですか。

「私と妻はiDeCo(個人型確定拠出年金)とつみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)、娘は未成年者対象のジュニアNISAを、それぞれ限度額(非課税枠)いっぱいまで活用しています。夫婦でiDeCoは月3万円ほど、つみたてNISAは月6万円あまり、ジュニアNISAは毎年80万円くらいの積み立てです」

「サラリーマンの元手は給料なので、毎月コツコツ積み立てる投資スタイルが自然だと思います。特に、インデックスファンドのコツコツ投資は手間がかからず気楽なので、投資に費やす時間を少なくし、普段の生活を優先できます。ただ、ボーナスなどまとまった収入が入ると一括投資することもあります」

■休職中は運用資産が強い味方に

――投資をしていてよかったと感じたことはありますか。

「心労が重なり体調を崩してしまい、2年ほど休職していた時期があります。給料はその間減額となるので、最初は家族を養っていく生活費に不安を覚えました。結局、社会保障の助けもあり、不足した生活資金は運用資産を一部売却することで事足りました。妻のパート収入もありましたが、運用資産の蓄えのおかげで心にも余裕ができ、しっかり休んで治療に専念できました」

「自力での『私的年金』づくりとして始めた資産運用ですが、『実践しながら学ぶ』うちに、将来のお金に対する漠然とした不安が少なくなり、日々の生活にも安心感をもたらしてくれています」

■コツコツ投資家が集まる会で交流を

――ブロガーデビューのきっかけを教えてください。

「ブログは2011年に始めました。『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year』に投票したいと思ったことがきっかけです。金融危機の時にも助けられた投信ブロガーの方々は憧れの的でした。『このイベントに参加したらあのブロガーさんに会えるかもしれない!』と思い、ブログを始めました。今ではありがたいことに著名ブロガーの方々とも楽しく交流できています」

「ブログには『VT』の運用状況を定期的にまとめた『VTウォッチ』というコーナーもあります」

――「コツコツ投資」の初心者へ何かアドバイスを。

「投資信託で何を選んだらいいか悩んでいる方は、この投票イベントの上位にランクインしているファンドの中から選ぶとよいです。そして、いろんな投信ブロガーの方々の記事を読んでみることもお勧めします。どのような投資スタイルが自分に合っているかのヒントになります」

「1人で投資していると『こんな運用をしているのは自分だけじゃないか』『この投資方法でいいのだろうか』と不安になることがあり、投資には一歩踏み出せないという人もいるかと思います」

「そうした人は、近くの地域で開催されている『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ』に参加してはどうでしょうか。最近の会は新型コロナウイルスの影響で中止になりましたが、金沢でも開催しています。普段の生活ではしにくいお金の話ができ、アドバイスもしてもらえます。相場が荒れている時でも、『一緒にコツコツ投資をしている仲間がこんなにいる』と思うと心強いのではないでしょうか」

(QUICK資産運用研究所 聞き手は西本ゆき、高瀬浩)

投信コラムをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム