オリパラ考

フォローする

商業主義の限界 新型コロナ危機で五輪は変わるか
編集委員 北川和徳

2020/4/15 8:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な感染流行)のために1年延期が決まった東京五輪・パラリンピック。2021年夏に本当に開幕を迎えることができるのか。国内外の状況を見る限り楽観はまったくできない。社会のあり方は、コロナ危機の前と後で変容するはずだ。五輪も変わらざるをえないだろう。

東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会も8日から、約3800人の職員の大半が在宅勤務に入った。大会延期によって…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
今季初レースで100メートル10秒04の好記録を出した桐生(中)=共同共同


 新型コロナウイルスの感染拡大は続いているが、1年後の東京五輪・パラリンピックを目指してアスリートたちは活動を再開している。陸上男子短距離の桐生祥秀(24、日本生命)は1日に今季初レースに臨み、100 …続き (8/5)

病からの復帰を目指す池江選手の言葉だからこそ、耳を傾けた人は多いが……


 1年延期となった東京五輪・パラリンピック開催への厳しい意見が目立っている。新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況では無理もないが、各メディアの世論調査などでは「中止」「再び延期」を合わせるとほぼ50 …続き (7/29)

IOCの理事会に参加したバッハ会長(15日)


 新型コロナウイルスのまん延がなければ、今ごろは選手村に入った国内外のアスリートの動向を追いながら、目前に迫ったスポーツの祭典の開幕をワクワクしながら待っていたはずだ。
 本当なら24日が開会式だった東 …続き (7/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]