/

川崎市の新庁舎、5月に着工

川崎市が同市川崎区に建設予定の新庁舎超高層棟が5月に着工する。2019年3月の入札では、予定価格内の応札がなかったため、設計を見直すことで対応した。22年4月としていた完成予定は23年3月末に遅れる。

川崎市新本庁舎の完成イメージ

電気、空調などの設備工事を含めた事業費は約364億8千万円となっている。建築は大成建設が請け負う。地下2階、地上25階建てで、高さは約117メートル、延べ床面積は約6万2千平方メートル。議会関連機能も新庁舎に入る。最上階には展望ロビー、スカイデッキを設ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン