/

この記事は会員限定です

どうなる東京都の協力金 休業・時短協力業者に支給

[有料会員限定]

東京都は休業要請に応じた事業者に「協力金」を給付する。1店舗のみの運営事業者に50万円、2店舗以上なら100万円を配る。異例の取り組みに事業者は大きな関心を寄せており、申請方法など詳細の公表に注目が集まっている。主な論点を整理する。

Q 支給対象の業種は?

A 都が休業を要請する業種と同じだ。要請に応じて休業した事業者のほか、営業時間の短縮に協力した事業者も対象となる。例えば飲食店や喫茶店など食事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン