/

大阪府で新たに59人感染、計894人に 20代が最多

(更新)

大阪府は14日、新型コロナウイルスの新たな感染者を59人確認したと発表した。府内の感染者は計894人となった。1人の死亡も確認され、死者は計7人となった。14日からは借り上げた民間ホテルでの無症状・軽症感染者の受け入れを始め、13人の感染者を宿泊療養に切り替えた。

府によると、感染が判明したのは20~90代の男女59人。年代別では20代が17人で最も多く、50代の13人が続いた。14日時点で入院中や入院を調整中の患者は683人で、このうち重症者は51人を占める。感染を調べる「PCR検査」件数当たりの陽性率は16.2%と引き続き高い水準だった。

府では9日に1日として最多の92人の新たな感染者が確認されていた。感染経路不明者は増加傾向にあり、計564人となった。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン