/

ホンダもフェースガード生産へ 5月末までに

自動車各社にフェースガードを生産する動きが広がっている(写真はトヨタ自動車の医療機関向けフェースガード)

ホンダは14日、顔を飛沫などから守る「フェースシールド」(フェースガード)を5月末までに生産すると発表した。鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)などで作り、国内の医療現場に無償提供する予定だ。感染者を搬送するための車両の自治体などへの提供や、他社の人工呼吸器の生産に対するノウハウ支援も検討する。新型コロナウイルスの感染拡大防止に協力する。

フェースシールドは鈴鹿製作所のほか、栃木県内の事業所で生産する。軽症の感染者を運ぶための車両では、ミニバン「ステップワゴン」などの運転席と後部座席の間に仕切りを設ける。

ドライバーへの感染防止には、前後席間の圧力差を利用する。具体的には、仕切りを挟んで前の席がエアコンで外気を取り入れるため気圧が高くなり、後ろの席が排気するため気圧が低くなることによる差を使って、後部座席の患者から前の運転席のドライバーへの飛沫感染を抑えるという。

車両は13日に東京都の港区や渋谷区に納車しており、今後は感染者の多い都内を中心に納車していく計画だ。人工呼吸器はこれまでも「製造に関わる支援を検討している」としてきており、引き続き人工呼吸器生産の支援を視野に入れる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン